恋活であろうと職業であろうと

恋活生活に自信の危機がある場合

確かに、芸能人ということでもありますが、あの年齢独特の女性らしさだったり、スタイルなどに男性は魅力を感じているのです。30代だからと言って諦めるのではなく、逆に30代にしか出せない魅力を引き出す努力をしていく必要があります。同年代では味わえない女性らしさを求めている男性は数多く存在します。そういった男性を虜にできるかは、あなたの意識と努力次第で変わっていきます。●プロポーションを保つ年齢とともにプロポーションを保つことは難しくなってきます。

恋活することは難しいでしょう
恋活することは難しいでしょう

結婚を考えていると

しかし、男性をオトす武器としては、プロポーションを保つことは非常に重要です。最初は、男性でも女性でも視覚から入っていくので第一印象は大事なのです。ただ痩せた方がいいというわけではない。ほどよい肉付きは大人の女性の魅力でもあるので、イエットなどはほどほどにした方がいいですねダ●服装で出す大人先ほどもお伝えしたように30代が女性として1番魅力的になる時期なので多少色気を出してい「のがいいでしょう。ただ、女性は年齢とともに服装で体型を隠す傾向があります。だんだんと自分のスタイルに自信がなくなってきたりするからです。

指輪に円を描きます

あまりにもショックな出来事に彼女は冷静さをすっかり失ってしまいました。「何よ、これは。なんで黙っていっちやうわけ......。どうして直前になってこんな嫌な気持ちを味わわなきゃいけないの……?夜中の2時までかかって訴えたことは何ひとつ通じなかったんだと思いました。「全然わかってない……彼女はすぐに電話をとって、私に連絡をつけようとしました。しかし私は携帯を持ち歩いていなかったので、捕まえることもできません。

指輪はテレビを見に行きます

話したいときに話せない……、そのジレンマは彼女の心をいらつかせました。「結局私は、花嫁にとって第一じゃないんだわ。結婚したら、いつもこんな気持ちを味わわなくてはいけないの……?」「やっぱりうまくいかないかもしれない……」こんな気持ちで結婚式を迎えるなんて、想像もできないことでした。永遠にも感じられた数時間、ついに電話が鳴りました。「あ、もしもし、あ、俺だよ」たまっていた気持ちが爆発してしまいました。何もかもがうまくいってない!私の声を聞いた瞬間、「もう、今日は朝から最悪よ!でうまくいった。もし私がこのときムキになって「なんだよ。いい加減にしろ!」なんて言っていたら、私たちはどうなっていただろうかと思います。

      恋活する前に彼はどうでしたか
      夫婦はいつもとても元気

恋活の否定的な期待は思考の形になっています

今までのパターンで生きてきているからこその今の自分です。今の自分を変えて行くためには、今までのパターンを変えて行く必要があるのです。その中で大切なのは「区別」と「完了」です。私たちが育ってきた中で、作られた物事へのマイナスイメージは「区別」をつけることで「完了」していきます。「今までとこれからは違う」という意識の元で、自分の持っている様々なマイナスイメージに区別と完了をつけていきましょう。自由でユニークな想像力をフルに使ってください。あなたの親友や家族が、その状況に落ち込んで悩んでいると思って慰めてください。

婚約者は上記の手順に従います

「でも、と、こう考えてみたらどうかなどんな現象にも必ず良いところを見つけ出すことはできます。」今までに書き出したマイナスイメージにとらわれることなく「こういう人になりたい」というように、自由に思いつくままに自分の理想の姿を描きましょう。「こういう状態になりたい」あるいは班後の自分の姿を想像して「こうなっていたい」「なれそうな姿」を描くのではなく、映画やドラマの主人公を設定するつもりで、大げさに描くことがポイントです。書き出した理想像の中で、現実的にこれは無理だと思う部分を書き出し、どこがどのように無理なのかを分析します。解決する必要はなく、なぜ無理だと感じているのかを論理的に把握することが目的です。

しかし男性脳でも、恋愛が仕事に大きく影響する事があります。それは家庭を持った時です。あなたの周辺にいませんか?子供が産まれたら急に売り上げを伸ばしたり、妻ができると急に貫禄あるプレゼンになったり、男性は何かしら変化しますね。これは感情「右脳」だけでなく、現実的「左脳」にも影響をおよぼすため。家庭を守る現実「左脳」→仕事の成果を上げる「左脳」。左脳同士で連動しているので、集中力が高まります。仕事中も家族を想って、左脳ベースで得意の集中力が発揮されるからです。

夫婦の間の緊張を和らげます

パートナーの脳の仕組みを理解するだけで、相手の思考回路が分かって、相手の言動を受け止められるようになったのではないでしょうか。もし相手にイラっとしたり、分かってもらえなくて悲しい時は、男女の脳の構造差の事を思い出してください。男女それぞれの「原動力」になるもの男性と女性の脳の違いには「何を原動力としてがんばれるのか」という事も関係してきます。同じ言葉をかけても、「どういう気持ちを持ってそれを伝えるか?」という事が大切になってきたりします。たとえば男性は「尊敬」を原動力にする生き物です。「頼られている」「尊敬されている」「すごいと思われている」この意識が男性に力を与えます。
夫婦が愛の結果がない
夫婦が愛の結果がない